公認会計士の資格を取得していれば税理士としてもはたらけます

公認会計士と税理士は、どちらも企業の経理を担当する仕事なので、業務内容が非常に似通っています。本記事では、両者の違いを明確にして公認会計士と税理士についてご紹介いたします。

■公認会計士の資格を取得すれば税理士としてもはたらくことが可能です。
公認会計士の中には、「公認会計士・税理士」と名刺に記し、事務所に「○○公認会計士・税理士事務所」という看板を掲げ、税理士としてもはたらいている方が多くおります。公認会計士の資格を取得していると、同時に税理士として活動できるだけの知識や技術を持っているとみなされるからです。

公認会計士の方は、ただ単に税理士会への会員登録を完了すれば、税理士試験に合格したり、税務署で勤務することなく税理士として活動できます。逆に、あくまでも税理士の場合は、税理士としてはたらくための税務に関する専門知識や技術を身につけている証なので、税理士の資格を持っていても公認会計士としてははたらけません。

■それぞれ公認会計士は大企業と、税理士は中小企業と取り引きすることが多くなります。
公認会計士と税理士は、どちらも企業の会計処理を専門に行う業務なので、大変似ている仕事と言えます。しかし、公認会計士の「監査」は、株式企業として上場しているような「監査」が義務付けられている企業のみが業務の対象となるので、取り引き相手は必然的に大企業であることが多いです。

一方で、税理士が担当する「税務」は、企業の規模にかかわらずすべての企業が行われなければならないことなので、中小企業を相手に取り引きすることが多くなります。公認会計士の資格を取得しておけば、税理士としてもはたらくことができます。

自分の将来を考えて、いまどちらの資格を取得すべきか考えてみてください。