公認会計士はとても安定して長期的に稼げる仕事のひとつです

本記事では、公認会計士の収入や福利厚生についてご紹介いたします。

■大企業のサラリーマンが600万円程度であるのに対して、公認会計士の平均年収は800万円以上です。
公認会計士の年収は、国家資格を取得した人しかなれない専門性の高い仕事である分だけ、一般的なサラリーマンよりも高いです。具体的には、日本の大企業の平均年収は600万円程度ですが、公認会計士の平均年収は800万円以上となっています。大手の監査法人に就職できれば、初任給の時点で年収が500から600万円であることも少なくないため、あらゆる職業の中で安定的に高収入を得られる職業のひとつと言えます。

■公認会計士の福利厚生や休業制度はとても充実しています。
会社によって内容は異なるものの、ほとんどの大手の監査法人は福利厚生がとても充実しています。会員制のスポーツクラブや観光地にある別荘を格安料金で利用できる会社や、社内に格安料金で利用できるマッサージルームを設けている会社もあります。

また、多くの監査法人で、育児や介護などの休業制度が充実しているため、女性でも長く働きやすい仕事です。

■公認会計士は年間を通して出張が多いので、出張手当てや残業代を多く稼ぐことができます。
転勤自体は少ないものの、公認会計士は監査のために年間を通してあらゆる地域に出張しなければなりません。その分だけ、出張手当てや残業代も支給されるので、より多くのお金を稼ぐことができます。また、パートやアルバイトとしてはたらく場合でも時給は高額で、1000から2500円が相場です。

公認会計士は基本の年収が高い上に、年間を通して出張が多いため、出張手当てや残業手当を多く稼ぐことができます。安定した高収入に興味がある方には最適な職業です。